入口 > 日常

旧作をWEB再録いたします

こんにちは、夕映です。
本題に入る前から余談ですが、PNの話です。
「夕映」は「ゆえ」と読むのが正しいのですが、実は私自身もパソコンに辞書登録をしていません。ので、メール等で名乗るときはだいたい「ゆうばえ」と打って変換し、「え」を消します。
先日、「え」をうっかり消し忘れたメールを担当さんに送ってしまいました。仮にも自分の名前なのに恥ずかしい。そもそも、このキラキラネーム自体が恥ずかしいのですが…!

*

さて、諸事情にて刊行に間が空いてしまうので(とはいえ、年に1作出して満足していた頃を思えばまだまだマシなんですけど)、古いお話を引っ張り出してきました。
『89番目の駅』という名の短編で、『小説Dear+』投稿時代に書きたくなったものの、「これは投稿作には向かない」と判断した結果、今は亡き自サイトで書き綴っていたお話です。
7年前に改稿し、50部だけ摺って販売したので、もしかしたらまだ原本をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
当時表紙を描いてくれた友人のわかばさんが、「載せてもいいよ」と言ってくれたので、こちらもお目にかけますね。

89番目の駅WEB再録用表紙

原本をお持ちの方、名も無き同人作家の本をお買い求めくださってありがとうございました。すみません、お持ちの本につきましては、そっと胸に留めておいてやってください。

 *

『89番目の駅』は、55歳の数学者・白波瀬(しらはぜ)と、少しの生きづらさを抱えた21歳の大学生・整司(せいじ)の、静かな愛と人生のお話です。『楽園暮らしはどうですか?』(シャレード文庫・2017年)と同軸のお話で、同作に出てくる入江谷駅が舞台です。ですが、こちらは商業作品のような、山あり谷ありの展開はありません。また、全年齢対象です。予定では全7回になるはずです。
仕事の合間にぼちぼち校正しながら少しずつ更新していきますが、このサイトを閉じないかぎり(≒文筆業を廃業でもしないかぎり)、取り下げるつもりはありませんので、いつでもご都合のよいときに読んでやってください。
それでは、よろしくお願いします。
『89番目の駅』―prologue.

日常

旧作をWEB再録いたします

2018-09-19
こんにちは、夕映です。
本題に入る前から余談ですが、PNの話です。
「夕映」は「ゆえ」と読むのが正しいのですが、実は私自身もパソコンに辞書登録をしていません。ので、メール等で名乗るときはだいたい「ゆうばえ」と打って変換し、「え」を消します。
先日、「え」をうっかり消し忘れたメールを担当さんに送ってしまいました。仮にも自分の名前なのに恥ずかしい。そもそも、このキラキラネーム自体が恥ずかしいのですが…!

*

さて、諸事情にて刊行に間が空いてしまうので(とはいえ、年に1作出して満足していた頃を思えばまだまだマシなんですけど)、古いお話を引っ張り出してきました。
『89番目の駅』という名の短編で、『小説Dear+』投稿時代に書きたくなったものの、「これは投稿作には向かない」と判断した結果、今は亡き自サイトで書き綴っていたお話です。
7年前に改稿し、50部だけ摺って販売したので、もしかしたらまだ原本をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
当時表紙を描いてくれた友人のわかばさんが、「載せてもいいよ」と言ってくれたので、こちらもお目にかけますね。

89番目の駅WEB再録用表紙

原本をお持ちの方、名も無き同人作家の本をお買い求めくださってありがとうございました。すみません、お持ちの本につきましては、そっと胸に留めておいてやってください。

 *

『89番目の駅』は、55歳の数学者・白波瀬(しらはぜ)と、少しの生きづらさを抱えた21歳の大学生・整司(せいじ)の、静かな愛と人生のお話です。『楽園暮らしはどうですか?』(シャレード文庫・2017年)と同軸のお話で、同作に出てくる入江谷駅が舞台です。ですが、こちらは商業作品のような、山あり谷ありの展開はありません。また、全年齢対象です。予定では全7回になるはずです。
仕事の合間にぼちぼち校正しながら少しずつ更新していきますが、このサイトを閉じないかぎり(≒文筆業を廃業でもしないかぎり)、取り下げるつもりはありませんので、いつでもご都合のよいときに読んでやってください。
それでは、よろしくお願いします。
『89番目の駅』―prologue.

【10作記念】好きな作品アンケート

2018-04-11
こんばんは。関西では春の嵐が吹き荒れた1日でした。皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。
私事ですが、『午後9時からは恋の時間』で、めでたくBLの拙著が10作を数えました(一般を含むと11作目です)。
BL小説は回転が速いので、一般的には10作なんてあっという間という先生が多いのですが、わたしの場合は7年ちょっとかかりました。ゆっくりゆっくりですが、ここまで書かせていただけたのも、読者の皆さんの応援のおかげです。本当にありがとうございました。

そんなわけで、何か御礼の企画をしようと思ったのですが、いかんせん、文章を書くくらいしかできることがなく…。
変わり映えしませんが、SSを書こうと思います。
せっかくなので、皆さんに読みたいものをうかがって、票数の多かったものを書こうと思っています。
というわけで、アンケートをポチッと押していってください。コメントはいただければ喜びますが、書かなくても全然かまいませんので、ご遠慮なく。
アンケートの〆切りは4月末、SSの執筆は仕事のスケジュールが空き次第、です。よろしくお願いいたします。





今年もありがとうございました

2017-12-31
こんにちは。先週末は、ひさびさの雪山だった私です。

IMG_3175.jpg

今年は3冊BLを上梓しました。来年はもっと出る予定です。来年1年のスケジュールも無事に埋まりました。
このように、たくさんの執筆の機会をいただけたのも、ひとえに読んでくださる皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

二見書房シャレード文庫編集部あてにクリスマスカードやプレゼントを贈ってくださった方にも、ありがとうございました。
お手紙はすべてとても嬉しく拝読しております。プレゼントは(ここまでしていただいて申し訳ないような気もするのですが)、大事に使わせていただきますね。

私は今日も明日も原稿です。好きなことをして年を越せるのだから、しあわせなことです。
今年も応援ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

【追記あり】ご感想ありがとうございます

2017-03-15
3月も半ばとは思えない冷え込みですね。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
今朝は足が冷えて目が覚めました。本格的な春の到来が待ち遠しいです…。

さて、1月刊、2月刊のご感想、ブログにもちらほらいただいています。ありがとうございます。
初めてご感想をくださった方もいらっしゃって、やっぱり出版社様が変わると読者様も変わるんだなぁと感じています。もちろん「いつもありがとうございます」の方も、「はじめまして」の方も、ご感想をいただけるのはどちらもとってもうれしいです。ありがとうございます!

 *

とはいえ、お便りをいただいても、お返事がすぐに書けるかというと、お仕事中だったり、その仕事が行き詰まっていたり…となかなか筆を執れないことも少なくありません。とくに昨年は、いろいろあって、まるまる1年不義理をしてしまいました…。お便りくださった皆様、本当に申し訳ございませんでした。
今更出したら逆にあきれられてしまうかも…と思いつつも、本日、手元に届いているぶんにつきましてはすべてお返事させていただきました。数日内には皆様のお手元に届くと思います。

カード

長らくお待たせしてすみません。本当にありがとうございました。

 *

人間ですから落ち込むときはあるもので、そういったとき、読者の皆さんのお言葉は本当に心に沁みます。
お便りはもちろん、ブログのコメントでも、ツイッターのリプライでも充分です。「読んだよ」「面白かったよ」と一言伝えてくださったら、本当に、お話を書いていてよかったな、また書きたいなと思えます。

ツイッターをなさっている方は、よく「ご感想は編集部宛に…」という言葉を目にされるんじゃないでしょうか。
たしかに編集部経由でお手紙をいただくと、出版社様にも読者様のご感想がダイレクトに伝わります。それが次のお仕事につながったりもする……んでしょうか……? 真偽のほどは知りません。都市伝説ではそんなふうに言われていますね。

でも、「手紙を書く」って、ものすごく勇気も時間も手間も必要です(お便りをいただくと、もうそれだけで、私の書いたお話のためにこれだけのお時間とお気持ちを割いていただいたんだな…と思います。だからこそ、お返事にこだわりたくなるわけで…)。
でもでも、そこまでしていただかなくても、私の気持ちとしては、「読んだよ」「面白かったよ」の一言で充分なんです。「手紙を書くのは勇気がいるけど、ツイッターのリプライなら」とか「ツイッターは他の人の目にも触れるからリプライしにくいけど、ブログの匿名コメントなら」とか、皆さんのご都合に合ったかたちでお伝えいただけたら嬉しいです。
お手紙やお葉書、パソコンや携帯電話の回線の向こうにいらっしゃる皆さんに、最低限「面白かった」、できれば「また読みたい」、あわよくば「よし手紙を書こう!」と思っていただけるよう頑張るのが、私の仕事です。

私の本をお手に取ってくださって、読んでくださって、ありがとうございます。
まだまだ、頑張ります。

----------≪追記!≫----------

言い忘れてた…!!!
今回お返事した皆さん、できるだけ端っこを開けてくださいね!
ズバッとハサミで切っちゃうと中まで切っちゃうかもしれません。よろしくお願いします!

SSをアップしました。

2017-01-26
こんにちは、夕映です。
厳しい寒さが続いていますね。皆さん、お変わりなくお過ごしでしょうか?
年始早々、体調をくずしてしまい、遅くなってしまいましたが、『運命の転機は三十歳でした。』のSSをアップしました。
レイティングぎりぎりの内容なので、よかったらお休みの前にでもどうぞ!

発売から約2週間がたち、ご感想もちらほらいただいております。ありがとうございます。(担当さまは「大丈夫です!」とおっしゃっていましたが、たぶん)CROSS NOVELS様的にも、私個人としても、ちょっとめずらしいライトな作風です。楽しんでいただけていたらうれしいですのですが…。
そうそう、「2人の新婚旅行が意外でよかった」というご感想もいただきました(笑)。
アラブBL(ネタバレ防止に反転しておきます)、読むのは好きなんですが、残念ながら書く機会はそうそう回ってきそうにないということで、こんなところで少しだけアラブってみました。調べているうちに、自分がアラブに行きたくなっています。

ではでは。また後日、2月刊『楽園暮らしはどうですか?』(二見書房シャレード文庫様)のご案内にまいります。
こちらも、どうぞよろしくお願いいたします。