入口 > 雑記 - おしらせ > 1月刊『運命の転機は三十歳でした。』のおしらせ

1月刊『運命の転機は三十歳でした。』のおしらせ

こんばんは。2016年大晦日です。
先日の記事にもたくさんの拍手&コメントをありがとうございました。
『小説Dear+』2017年フユ号(新書館様)掲載のお話にも早速ご感想をくださった方がいらっしゃって、うれしい限りです。本当にありがとうございます。ちょうど元旦の雪山遭難から始まるお話です。とはいえ、BLですからそれほど厳しい現場は出てきません。安心して年末年始のお供になさってくださいませ!

 *

さて、以前こちらでもお知らせしたとおり、2017年は年始早々に本を出していただきます。

運命の転機は三十歳でした。

1/10刊 『運命の転機は三十歳でした。』(ill. サマミヤアカザ先生・笠倉出版社CROSSNOVELS様)です。
以下、クロスノベルス様公式HPからの引用です。

----<あらすじ>----------------------

おまえだったら六十のじいさんでも可愛い。

大手メガバンクに勤めるエリートサラリーマンの透は、仲間うちで美人のジャイアンと呼ばれる傍若無人なオレ様。「三十過ぎて独身だったら一緒に住もう」と約束した悪友たちの中で独身なのは透よりもハイスペックだけど貧乏な学者の東元と二人だけ。そんなある日、東元が透のマンションに「迎えにきた」と引っ越し業者とともに現れて──!? ボロい一軒家でぐずぐずのメロメロに甘やかされる彼との同居生活は透をもっとダメにして♥

------------------------------------

というわけで、タイトルどおりコメディ寄りのお話です。三十男の話ですが、同級生同士でわちゃわちゃしているので年齢のわりに落ち着きがありません(クロスノベルス様で大丈夫なんでしょうか…)。

既にあちこちに書影が出ていますが、かわいいでしょう?
サマミヤ先生が描いてくださった「美人なジャイアン」こと多岐川(受)も、ハイスペック受けのさらに上をいく貧乏ハイスペック攻め・東元も、本当に格好よくって…!!
加えて装幀もとても可愛らしく作ってくださって(「転」の字が反転しているところとか、めちゃくちゃツボです)、本当にうれしいです!
販売書店様によっては、特典ペーパーや小冊子が付きますので、皆様のご都合とご希望に合う書店様でお求めください。

【特典】※詳細はクロスノベルス様公式HPでご確認ください
・アニメイト限定特典……書き下ろしショートペーパー
・フェア開催書店特典……書き下ろしショートペーパー
・コミコミスタジオ限定特典……書き下ろし小冊子
・ホーリンラブブックス限定特典……イラストカード(口絵イラスト使用)

また、先日見本誌にサインを入れさせていただきました。こんな感じになっています。

サイン

サイン本の販売書店様については詳細なことがわからないのですが、お目に留まりましたらよろしくお願いいたします。(※販売書店様については担当様にもわからないそうですので、編集部へのお問い合わせはご遠慮ください)

さらに、コミコミスタジオ様では情報ペーパー「BLニュース」1月号でインタビューにもお答えさせていただいています。もしお手元に届きましたら、読んでやってくださいね!

 *

それでは、本年もあたたかな応援を、本当にありがとうございました。
どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。
2016-12-31